カードローンの金利比較は重要

chigai

カードローンを利用する際、注意しないといけないのが金利に関する問題です。低い金利に定められているカードローンを選択する事ができれば、銀行や消費者金融に支払う利息のお金を少なくする事が可能です。

同じ融資を行っている銀行や消費者金融によって、定められている金利が異なっているので気を付けないといけないです。

安易に選択してしまうと多くのお金を銀行や消費者金融に支払いながら完済を目指していかないといけないので、お金の負担が大きくなってしまいます

そうなると一番損をするのは融資を受けた本人になる為、安易に選択するのは厳禁です。比較を行っていき、少しでも低い金利に定められているカードローンを実施している銀行や消費者金融を選択するのがポイントです。

ちょっとした違いでも長期的な融資を受ける場合には、相応のお金を支払わなくてはいけないです。その差は数千円から万単位のお金まで違ってくる場合があるので、注意する事が必要です。

銀行や消費者金融のホームページにアクセスしたり、資料をチェックしていけば、簡単に比較する事ができるようになっています。

特別な知識や情報を求められる訳ではないので、初めて比べていく方もお得な銀行や消費者金融を判断できるようになっています。

忙しい方の場合、中々時間を確保する事ができなくて、お得なカードローンを見つける事が難しい場合もあります。

その時はインターネット上に存在しているカードローンの金利比較サイトにアクセスする事で、銀行や消費者金融ごとにどのくらいの利息が定められているのか把握する事ができます。

この方法ならば忙しい方でも簡単に比べていく事ができ、魅力を感じた銀行や消費者金融を選べるようになっています。

インターネット環境が必要になってくるので、パソコンもしくは携帯電話やタブレットなどを準備しておき、インターネットができる状況を作り出さないといけないです。

それでもあっという間に比べていく事ができるので、多くの人がこのようなサイトにアクセスしており、素早く比べています。

返済日をきちんと確認する

確かに金利を比較する事で、お得な銀行もしくは消費者金融を選択できるようになります。しかし比べるポイントはその部分だけではなく、返済日に関しても比べていかないといけないです。

同じような銀行や消費者金融でも返済日が異なっていて、その人によって適している返済日が異なります。

基本的に給料日前の返済よりも給料日後の返済の方がスムーズな返済をしやすいです。お金をある程度確保している状況の為、遅延や滞納という事態を極力回避できるようになるからです。

返済日はかなりの違いが発生していて、月初や月末だけではなく、十日締めや十五日締めなど銀行や消費者金融で異なっているのが現状です。

自分の給料日と返済日を照らし合わせていき、無理なく支払う事ができる銀行や消費者金融を選択する事で、無理なくお金を返していく事ができます。

融資に着目する方が非常に多い反面、返済を疎かにしてしまう方がいます。カードローンは融資よりも返済が重要になっており、計画的な返済を立てて、少しずつお金を返していくのが重要なポイントになります。

遅延や滞納を発生させなければ、銀行や消費者金融に迷惑をかける事はないです。その他にも個人の信用情報にキズがつく訳でもないので、デメリットは一切無いです。

また地道にお金を返済している人物は、すでに融資を受けている銀行や消費者金融に返済力が高い人物としてアピールが可能です。

現状よりももっと多くのお金を借りる事ができるように利用限度額アップなどの恩恵を受ける時もあります。

丁寧な対応をしてくれるスタッフなのか判断

大手銀行や消費者金融の場合、丁寧に対応してくれるスタッフが多く在籍している為、余程の事態が発生しない限り、乱暴な対応を受ける事はありません

しかしカードローンを行っている銀行や消費者金融によっては、いい加減な対応をするスタッフもいるので注意しないといけないです。

いい加減な対応をされる事によって、精神的な苦痛を生み出す恐れがあります。その結果仕事や生活に悪い影響を与えてしまって、快適に生活するのが難しくなったり、精神的な病を発症する可能性があるので注意です。

丁寧な対応をしてくれるスタッフがいる銀行や消費者金融を選択すれば、何か疑問や問題が発生した時も安心して話す事ができます。

心強い味方として色々と相談する事ができ、頼りにできる為に初めて融資を受ける方は特に重要なポイントです。

万が一遅延や滞納をしなくてはいけない場合でも遅延滞納金を支払うだけで、安心して利用できる可能性も生み出されてきます。

近年は多くの人が安心して利用できるように銀行や消費者金融は、利息部分に力を入れるだけではなく、スタッフの対応に力を入れているケースも多いです。

安心してお金の融資を受けたいと考えている方は、どのような対応をしてくるのか注目する事が求められてきます。

法的に決められているものと各社ごとの決まり

questionnaire-2834264_640

金融機関で預けたり借りたりするときには、利率と呼ばれる数字を気にする必要があります。預けるときは高くても良いですが、借りるときはできるだけ低い方が好ましいと言えます。

最近は預けるときはかなり低くなっていますし、借りる時の利率も下がっています。住宅ローンの中には1パーセントを大きく下回るものも出てきています。

ではカードローンにおいて金利の上限はどうやって決められているかです。まず法的な決まりがあります。

かつては利息制限法と出資法があり、どちらを取るかでかなり高い利率が選択されていました。多くの業者は高くなる方を選択していたようで、それによる過払いの問題がありました。

今は利息制限法の数字に統一されているので、過払いの問題は出ないようになっています。

具体的な数字としては、10万円未満の元金の時は年利で20パーセントまでになっています。つまりは20パーセントを超える数字が付くことはありません。

一般的な業者では幅を持たせて表示させることがありますが、その時に一番高くなる数字が20パーセントを超えることはありません。

10万円以上100万円未満になると、年利で18パーセントまでになっています。業者によっては、最低の利用額が10万円以上の所があるはずです。その場合は18パーセントを超える利率を設定することはありません。

もちろん10万円未満において18パーセントを適用することはできます。

100万円以上の場合は、年利で15パーセントまでになっています。100万円以上からになっている業者は少ないでしょうが、利率の幅の最高額を15パーセント程度にしているところはあります。

実際の利用時にこれらが適用されているかを確認しましょう。

各社で利用する金額ごとに決めている

かつての金融機関といえば、横並びでサービスを提供することが多かったとされます。手数料や利率など、ある業者が決めたものを右になれで適用していました。利用者はそれらの部分で選択することができませんでした。

近くにある店舗などで選ぶしかありませんでした。最近は金融の自由化が進み、多くの業態が出てきています。銀行や証券会社ならネット系が出てきて、どんどん手数料などを下げています。

預け入れ利率を上げるなどして、利便性の向上を図っています。カードローンにおいて金利の上限がどうなっているかですが、こちらも業者によってそれぞれ異なります。

ですから自分の利用に応じて選ぶ必要があります。初めて利用しようと検討するとき、各社が店頭で出している利率の幅を見ます

何パーセントから何パーセントなどで表示されているでしょう。この時に最も高い数字が各社で出している最も高い利率になります。

通常は、その業者の最低利用額において適用されます。最低利用額が10万円からで5パーセントから15パーセントとなっているなら、10万円を利用するときに15パーセントが適用される可能性が高くなります。

この一番高い部分を比較しがちですが、低くなっている業者は最低利用金額が高めになっているところもあります。20万円からや30万円からなどです。

低くなっているものの、無駄な借り入れをしないと利用できないこともあるので注意しないといけません。もちろん最低利用額が低くなっていて、最も高い利率もそれほど高くない数字に設定されているところもあります。

こちらならかなり有利に利用することができるかもしれません。お得な業者を選ぶときに比較してみましょう。

大手と中小ではどんな違いがあるか

サービスを提供する業者には、大手会社と中小会社が存在します。大手会社はその業界のトップクラスで、場合によっては企業グループに属する会社などもあります。

中小は大手よりも売上や資本、従業員などが少ない企業になります。営業している地域が少なかったり、支店が少なかったりするので必ずしも誰でも利用できるわけではありません。

ただ、上手く選択できれば有利に利用できることもあるので、選択肢に入れておくと良いかもしれません。カードローンを利用するときも、大手か中小企業を利用するかの比較をするとよいでしょう。

それぞれ金利の上限を示していますから、その中から低めに設定しているところを探してみましょう。

全般的に見ると、大手の方が低めに設定されているようです。通常20パーセントで適用できるところを18パーセント付近にしてくれているので、より割安に利用できます。

中小企業は、20パーセントぎりぎりまで適用しているところが多いので、あまりお得感は感じられれません。もちろん審査の通りやすさなどがあるので一概には言えません。

ただ、中小企業は幅が広いです。ある業者は最高限度額が50万の低額融資を主に行っています。その分下限の金利は高めになっていますが、最も高い部分の金利を低めにしてくれています。

大手と同等かそれ以下にしてくれています。大手はすぐに情報が探せますが、中小企業の場合はその企業の存在自体を知らないこともあり、実際にはもっと利用しやすいところがあるかもしれません。